普通のビジネスマンが、気になる本です。

本書は、会社の業績を数字で分析する方法を伝えています。

図解は豊富にあり、わかり易く書かれています。

ビジネスマンと数字は、切っても切れない関係にあります。

なぜならば・・・

ビジネスマンにとって数字は、必要不可欠だからです。

役職者、幹部、経営者は常に会社の状況を知っておく必要があり、役職が上がれば上がるほど数字の重要性が高まります。

ビジネスマンが知っておくべき事項は多くありますが、会社の数字はいっかは学ぶべき項目のため、やさしく書かれた本書は売れるのです。

書店でも財務・会計に関した棚はありますので、お客さまの欲求が高いジャンルなのです。

私自身も数字は得意の方ではないのですが、この本で学びました。