本とのを出合いの場を創造し、1冊でも多く販売!重版につなげ、事業の成功・拡大を後押しします

本は情報を得るためのツール

  • HOME »
  • 本は情報を得るためのツール

本は情報を得るためのツール

本は情報を得るためのツールとして活用されてきましたが、今ではWebを中心としたSNSを利用して、情報を収集する時代です。

確かに調べものをするにはWebは便利ですが、本格的に調べようとすると本は役立ちます。

現在の出版事情を考えると、1日に本が250点以上出版され、書店店頭に本が陳列される期間が短くなってきています。

長く陳列される本は、「売れる本」です。

「売れる本」を作るためには、企画段階から販売までにおける出版の一連の流れを見据えて、戦略を立てる必要があります。

しかし、出版関係者に知り合いがない、出版に関して相談をする人がいない等と、お困りではないでしょうか?

当社は、「出版を目指す方」、「出版をする準備がある方」、「既に出版をした方」、「2冊目以降の出版を狙う方」に対して、出版に関するお悩みを解消いたします。

当社の強みは、3つあります。

「出版社と書店への強靭なネットワーク」+「現場で販促を実践」+「紹介案件」=実績

①出版人ネットワーク(経験)

出版業界に25年籍を置き、出版社および書店において強靭なネットワークがあります。
出版社をクライアントに持ち、出版企画から販促までのプロジェクト参画および販促サポート、コンサルティングをおこなっています。

②現場(実践)

実際に書店員と面会を通じて、出版の現状と動向をリアルに「肌」で感じております。
机上およびWebからでは知りえない、現場で起きている情報を掴んでいます。

③紹介による案件が多い

実は出版業界は、人と人とのつながりが強く「信頼関係」から成り立っています。
お客さままたは、出版関係者から「人および仕事」の紹介や仲介が多数あります。

結果(信頼)

コンサルタントでありながら実践に即し、経験に基づいているため、実績につながっています。

当社の特長は、本をただ出版するだけではなく、重版が決定するまで視野に入れているところにあります。

そのため出版企画構想から販売に至るまで、出版におけるトータルなサポートをおこっています。

さらに、「本を出版する準備がある方」、「出版をした方」に対して販促サポートをしております。

特に出版販促は、出版社在籍時から得意としており、重版につながる仕掛け(施策)事例が豊富にあります。

最終的には、あなたの掲げた出版目的が達成できるように「売ること」をコンセプトにお手伝いをいたします。

なぜならば、「本は出版がゴールではなく、販売をしてゴール」であると当社は考えるからです。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6868-3901 10:00~18:00(平日)

PAGETOP
Copyright © 出版SPプラス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.