販促は、今までにない方法でした。

それは・・・

著者の前田さんが書店に行きパネルを設置し、同日にある場所で懇親会を行うという画期的なものです。

本を参加費として懇親会に参加でき、あこがれの前田さんと会える内容です。

1冊購入して「本書での不明点が解消でき、さらに参加者と交流が持てる」のです。

さすがコピーライターご出身の前田さんは、素晴らしいアイデアを思いつきます。

私は販促をするにあたり、必ず本を読み込みます。

その際にペイジの端を折ることがあります。

本書を持参して前田さんにコメントをいただこうと手渡したところ、本を読み込んでいたことに大変喜んでいただきました。

さらに、即興でコピーをいただき、驚愕したことを覚えています。

アイデアの出し方と文章は、ただならね関係を発見した販促となったのです。