著者のハウル沢田さんとは、出版関係者の懇親会で出会いました。

不思議なご縁で懇親会で数回お会いしているうちに、販促についてご相談を受けたのが始まりです。

まず、タイトルに惹かれます。

「魔法使いになる方法。」あたらしい夢のかなえかたとあります。

魔法のカウンセングです。

「誰でも魔法使いになれます」

「いま、すぐ、ここで。一瞬に」

「思いどおりの現実を自由に手にいれることができ、しあわせになれるのです」

本書は、あなたの願いをかなえるたの秘儀が書かれています。

重版しており売れていることは、魔法使いになりたい方が多いのですね。

ご自身の願望や夢を叶えたい方が多く、市場は大きいのです。

特にタイトルの「魔法使い」が素晴らしいのです。