著者の雨宮さんとの出会いは、ある出版交流会がはじまりです。

雑談をしている内に、「1回会いましょう」ということになり面会をしました。

お互いの自宅が近く、出版社に知人がいることもあり販促はスムーズにいきました。

余談ですが、私の近所の家電屋さんへきたこともあったようです。

販促をするにあたり、出版社に知人がいることは販促をおこない上で有利です。

今回は、近所、出版社に知人がおり特に販促に力が入りました。

販促をおこなう上で、大事なファクターとなります。

本書は不動産投資に関して、やさしく、わかりやすく解説されています。

雨宮さんは、現場を重視しています。

私も現場(書店)が好きであり、妙に親近感が持てたのです。