「新聞を読むな!」、「テレビを見るな!」、「会社四季報で株価予想をするな!」、「証券顧問業者に頼りきるな!」、つまり他人や外からの情報をシャットアウトしろと、著者の冨田さんは伝えています。

では「どのように株で稼ぐのか」と、説いたのが本書です。

「株で稼ぐための思考法」や「チャートの読み方」等、独自に編み出した「冨田流売買法」が満載です。

「教えることで自分自身を鍛えることができる」、「虐げられてきた一般の個人投資家を、少しでも上のステージに引き上げたい」思いからトレードで稼ぐ方法を教えたいという冨田さんの人柄も伝わってきます。

私は株をおこないませんが販促をするにあたり本書を読み、「お~っ」これは売れるかもと力が入りました。

発売後、すぐに重版が決まり出版社も力が入っています。

「これから株をおこなう人」、「株をおこなっている人」へ向けてのハイブルとなる1冊です。