それは、突然の携帯電話からはじまりました。

出版社において、一緒に働いていた編集者からだったのです。

内容は編集に携わった単行本が、文庫になったとのことです。

本書は、あらゆる業界での習わしや商習慣が書かれており、「こんなことが常識なのかぁ」と思うことが満載です。

世間での常識が非常識だったり、「気づき」が多い内容です。

私のいる出版業界では・・・

単行本は文庫になるケースがあります。

文庫になるのは、出版社が売れると見込んだ本です。

通常単行本からタイトルを変え、内容を加筆修正をして文庫になります。

今回は、編集者が著者であり「売れる本に仕上げる」ポイントを抑えています。

文庫のメリットは、単行本と違い書店に文庫棚がしっかりあることです。

しかも次の新刊が発刊されるまで陳列され、通常1カ月くらいになります。

1冊の本で、2度おいしいのです。