著者の鬼迫さんとは、登壇したセミナー後の懇親会から参加していただき面識ができたのです。

ソーシャルメディアフェアに出品していただきました。

フェア開催はメリットがあります。

それは・・・

お客さまからするとソーシャルメディアに関連した本を1カ所で探すことができます。

著者からすれば通常新刊時は平積みですが、ある程度時期を経ると棚差しになります。

そこでフェアをおこなうことにより、再度平積みされ本が目立ち売れるのです。

棚差しになっている本より、売れる可能性は高まります。

本は販促企画次第で売れます。

既刊を売れるためには、書店で本を目立たせることが必要です。

今回のフェアは、販促企画を出版社と書店に提案して協力を得て実現しました。